関連雑誌「健康プレミアム・プラス」をもっと楽しむ……「オーバー60からの稼ぎ方」番外編

多くのシニアに仕事を紹介している職業紹介所の所長・引野義江さんに学ぶ

長年にわたって“高齢者の職探し”の現場に携わってきた引野義江さんに、編集部がお話をうかがってきました。

無料職業紹介所「サポしながわ」所長 引野義江さん

[プロフィール]
※「サポしながわ」は東京都と品川区が中心になって運営している地域密着型の職業紹介所。


ハローワーク以外にも、公共の職業紹介所はある!

──都道府県や市区町村が運営している職業紹介所があると聞きました。
ここはどういったタイプの職業紹介所なのでしょうか?

職業紹介所というと、みなさん、ハローワークが頭に思い浮かぶと思います。ハローワークは国が運営していて全国どこにでもありますが、東京都には、シニアを対象にした「アクティブシニア就業支援センター」という無料の職業紹介所が都内に12か所あります
(詳しくはこちら→http://www.shigotozaidan.or.jp/support/active.html)。
ハローワークには年齢制限がありませんが、ここは「シニア専門」なので、おおむね55歳以上の求職者が対象です。大半の人は、「少しでも多くの収入がほしい」と思っている人たちですね。リーマンショック以降は、そういう人が多くなった気がします。
求職者の方に何度も足を運んでいただくことのないように、1日でも早くいいお仕事を紹介して、就業していただきたいと思っています。私たちスタッフは5人ですが、対応をしている担当者だけでなく、スタッフ全員で預かっている求人のマッチングを行っています。

──なるほど。1日でも早く見つけようとサポートしてくださるんですね。サポしながわは、品川区に住んでいない人も利用できますか?

はい、サポしながわは、対象地域が東京都全域になっていますので、東京都にお住まいの方であればどなたでもご利用いただけます。

──東京以外でも、地方自治体によっては独自の職業紹介事業を展開しているところもあるようなので、調べてみある価値はありそうです。ところで、サポしながわでは、どういった求人が多いのでしょうか。
年齢制限とかあるものが多いですか。

「清掃」「警備」「調理補助」「介護施設の手伝い」「マンション管理人」などが中心です。ただ、私たちがご案内する求人情報は、地元の企業さんから直接いただいているものが多いので、なるべく“ムダ”の少ないご案内をしています。
たとえば、現在は厚生労働省からの通達で、求人情報に年齢制限を載せてはいけないことになっているのですが、実際には、65歳が定年の企業に65歳の人が応募しても採用に結びつくのは難しいと思います。求職者の希望に少しでも添えるようにうまく求人をマッチングして、1日でも早く就職していただけるよう心掛けています。


80歳過ぎの人でも、仕事に就けた!

──60代後半や70代でも働き口はあるものでしょうか?まだまだ元気、稼ぎたいという方も多いでしょうね。

はい、あります。このサポしながわに登録している人は現在650人ほどで、平均年齢は67歳くらい。70代の方で仕事を見つけている人もたくさんいます。同じ70代でも、個人差が大きく、お元気な方は本当にお元気で、去年は80歳を過ぎた方もこられました。女性だったのですが、すごくかくしゃくとした方で、帰りにはスキップして帰るくらい(笑)。清掃の仕事に就いていただきました。
いらした方にいろいろとお話を聞いて、その人にできそうな仕事を、私どもの手元にある地元企業の求人から探す、そういうきめ細かい職業紹介をしています。

──なんと!80歳でも働けるとは、希望がありますね。逆になかなか仕事が見つからない、というケースもありますか?

多くはありませんが、これまでやられていた仕事のキャリアを捨てられず、なかなか面接がうまくいかないことはあります。そういう場合は、「前職はそうだったかもしれませんが、いま仕事を探しにきている人は皆さん同じスタート地点にいるんですよ」と言ってみたり、前職の職種にこだわっている場合は、「職種の方向性を少し見直したほうがいいかもしれませんね」とアドバイスしたりします。方向転換をさせていくのも、私たちの仕事のひとつですね。
以前、議員の秘書をやっていた方がいらしたのですが、最初はなかなか仕事が見つからなかったのですが、何度かお話するうちに「職種にはこだわらないよ」と言っていただき、最終的には清掃の仕事に就いた方もいらっしゃいます。

──最後に、シニアの人が、自分に合った働き口を見つけるための“コツ”があったら、ぜひ教えてください。

ハローワークや私どもアクティブシニア就業支援センター、またそのほかの公共の職業紹介所は、基本的にすべて無料です。それらが行っているイベントには積極的に参加していただきたいですね。
たとえば、職種の選択の仕方や、応募書類の作成方法、実際の面接のときのポイントなどを紹介するセミナーがあります。
また、合同就職面接会を開催しているところも多くあります。私たちは大井町駅の前にあるビルで年に2回、大きな合同就職面接会を開いています。シニアでも実際は元気な方が多いので、そういう方が書類だけで落ちてしまわないよう、直接企業の方に「この方はこんなに元気で、まだまだ働けますよ!」というのを見ていただこうと思ってやっております。
いろいろなジャンルの企業を全部で20社くらいお呼びしていて、事前予約制ではなく、「どなたでもどうぞ」という形にしています。仕事を探しにいらした方が、たとえばマンション管理が希望だった場合は、その会場にいる複数のマンション管理会社の面接を同じ会場で一度に受けることができるので、とてもおすすめです。
ぜひ、そういった機会をうまく利用して、自分に合った仕事を見つけていただけたらと思います。


*構成/編集部・今井佑(2018年9月)


  • Facebook
  • Twitter
  • LINE