いつまでも健康でいたいけど……「病気の不安」解決策

百寿者、超百寿者の研究者である慶應大学の新井康通さんに学ぶ

慶応義塾大学医学部百寿総合研究センター総合診療科講師 新井康通さん

[プロフィール]
日本老年医学会老年病専門医。専門は百寿者、105歳以上の「超百寿者」の疫学調査・研究、超高齢者(85歳以上)の生活習慣調査など。留学していたニューカッスル大学をはじめ、ボストン大学、シンガポール国立大学などとの国際共同研究も精力的に進めている。


中年期に太っていることと、高齢期に太っていることは、意味が違う

「人生100年時代」における“病気の不安”を解決するアドバイスを求めて、私たち取材班がアポイントを入れたのは、NHKスペシャル「あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界」にも出演されていた、百寿総合研究センターの新井康通さん。
「充実時間」本誌の巻頭記事では、新井さんが教えてくれた「50代から健康意識をシフト」「“やせる”ことより、“やせすぎない”ための努力が必要になる時期が来る」「メタボ予防から、介護予防へ」などの内容を紹介しました。

じつは、記事では丁寧に書き込めなかったのですが、新井さんから注意されたことがあります。
「ハワイの日系人男性を対象としたコホート研究『ホノルルハートプログラム』では、多くの興味深い調査結果が出ています。そのうちのひとつに、75歳の人が90歳まで元気で生きるためには何がリスクになるかというと、肥満よりもやせていることのほうがリスクになる、という報告があります。でもそれで、50代・60代の人が『いま太っているけれど、やせていることがそのうちリスクになるのだから、太ったままでいい』などと思ってしまうのは間違いです」

中年期に太っていることと、高齢期に太っていることは、意味が違う。新井さんは、私たち取材班にくり返し説明してくれました。
「もしかしたら、心血管系疾患、動脈硬化などのリスクだけを考えたら、ずっとやせていたほうがよいのかもしれません。でも、70歳以降になったら、それ以外のリスク、骨や筋肉の衰えから来るリスクが大きくなってくる。50代・60代で太っている人がメタボ対策は必要ないと思ってしまったら、70歳になる前にそのせいで脳梗塞になってしまうこともあり得ます」
本誌の記事でも、70代くらいからは低栄養や筋力低下、閉じこもりなどにより、心身が衰弱するという「中年期とは別のリスク」が発生することを説明しています。でも、この場を借りて、改めて新井さんの注意喚起の内容を強調してお伝えしておきたいと思います。


中高年のメタボは、人生の後半で響いてくる

「人生後半になると、それまでの中年期のメタボが健康状態に響いてくるのは確かです。70代後半になると、徐々にメタボの因子は減ってくるけど、次は新しい健康問題が出てくる。それが、最近、いろんなところで言われ始めている『フレイル』なのです」
本誌の記事でも紹介しましたが、中年期のリスクの数――「肥満」「高血圧」「高中性脂肪」「高血糖」などは、できるかぎり減らしたほうが、やはり健康寿命を延ばすことにつながるようです。

それにしても、100歳まで元気で生きている人って、どんなタイプの人なのでしょうか? 百寿者の研究者である新井さんに、改めて取材の最後に尋ねてみました。

「健康オタクみたいな人は、あまりいないようですね。サプリメントをいっぱい飲んでいるという人も、聞いたことがない。ほとんどの人たちは、こんなに長生きするとは思わなかったという人たちで、100歳まで生きることを目標としていたような人はいないようです。でも、あとどれくらい生きたいですか?と尋ねると、もう少し生きたいという人が多い。百寿者のすべてではないけど、自然に年をとる、じょうずに年をとる、毎日毎日きちんと生きてきた結果がここにある、という感じの人が多いです」

この取材を始める前、じつは「100歳まで生きる」ということにあまり肯定的なイメージを持てなかった私たち取材班ですが、百寿者研究者の新井さんのお話を伺い、心の中の何かが少し変わったような気がしました。


  • Facebook
  • Twitter
  • LINE